PLUTO(プルートウ)ヽ(´∀`*)

ここでは、「PLUTO(プルートウ)ヽ(´∀`*)」 に関する記事を紹介しています。
このブログは、トレーディングカードと仮面ライダーほか特撮玩具の収集に萌えるヲタ母の江奈が、ネタバレ情報満載でお送りしております♪ブログ内の記事転用の際は一声お掛け下さい。

素敵リンク集はこちら(リンクフリーですが御一報頂けると嬉しいです。)
★カードトレードに関しては現在中止させて頂いておりますm(_ _)m何卒ご了承下さいませ。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売日よりかなり遅れての購入ですが、浦沢直樹先生の「PLUTO」5巻の感想など♪

PLUTO 5―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (5) (ビッグコミックス)PLUTO 5―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (5) (ビッグコミックス)
(2007/11/30)
浦沢 直樹手塚 治虫

商品詳細を見る

今巻の衝撃は何と言っても、天馬博士がかつて作ったと言う完全なロボットのくだり。
世界の人口60億と同じ数の人格をプログラミングしたロボットは、結果として目覚めなかったって・・・いつもながら、浦沢先生のセンスには驚かされますですよ(`・ω・´)ハイ!

人工知能を目覚めさせる方法は「偏った感情」を注入すること。プルートゥの感情は今、まさに「ロボットの憎悪」のみになっていると言う事なんでしょうね。

そして、意識の戻らないアトムもまた、偏った感情の注入により、怪物に生まれ変わるのか・・・この先の展開が気になって仕方ありませんo(≧▽≦)o

実を言うと、先入観無くこの作品を読み進めたかったので手塚先生の原作を読まないようにして来たのですが・・・先日、アトムのアニメ3作目を観る機会があり、ウッカリと「地上最強のロボット」と「プルートゥは死なず」を観てしまったんですよ~(>_<) 

アストロボーイ・鉄腕アトム Vol.5アストロボーイ・鉄腕アトム Vol.5
(2004/02/06)
津村まこと、勝田久 他

商品詳細を見る

ぶっちゃけ、これ原作まんまなんでしょうか???もしそうだとしたら、プルートゥとウランの出会いを「PLUTO」の中で描かれたあのストーリーにまで昇華させちゃった浦沢先生はやはり只者ではありません!まさに天才ですよっ!!

う~ん、ここまで来たら中途半端にアニメではなく、手塚先生の漫画原作もキチンと読んでおいた方がいいかもしれませんね~(;^_^A また本屋さんで探して来ようっと。

鉄腕アトム 地上最大のロボット (プラチナコミックス)鉄腕アトム 地上最大のロボット (プラチナコミックス)
(2007/11)
手塚 治虫

商品詳細を見る

完全保存版 鉄腕アトムコンプリートブック完全保存版 鉄腕アトムコンプリートブック
(2003/03/28)
霜月 たかなか司田 武己

商品詳細を見る

PLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャルPLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャル
(2004/09/30)
浦沢 直樹手塚 治虫

商品詳細を見る
スポンサーサイト
遅ればせながら、本日購入~!!表紙を見た瞬間、「碇ゲンドウ?」って思っちゃった江奈は終わってますか( ̄∇ ̄*)ゞいや~、天馬博士だったのねんw

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4) PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
浦沢 直樹、手塚 治虫 他 (2006/12/26)
小学館

この商品の詳細を見る

この「PLUTO(プルートウ)」と言う作品、既にご存知の方の方が多いと思いますが、手塚治虫氏の鉄腕アトムのエピソードの一つ、「地上最大のロボット」を浦沢直樹氏がリメイクしたもので御座います。

リメイクとは言っても、浦沢版は主人公がアトムではなく、原作では脇役として登場した刑事ロボット、ゲジヒトが主役!
しかも斬新なのはそのストーリーだけではなく、アトムやウラン、お茶の水博士ら、お馴染みのキャラの絵柄が浦沢テイストな事なんですよね~!!

PLUTO (1) PLUTO (1)
浦沢 直樹、手塚 治虫 他 (2004/09/30)
小学館

この商品の詳細を見る

PLUTO (2) ビッグコミックス PLUTO (2) ビッグコミックス
浦沢 直樹 (2005/04/26)
小学館

この商品の詳細を見る

PLUTO (3) ビッグコミック PLUTO (3) ビッグコミック
手塚 真、浦沢 直樹 他 (2006/03/30)
小学館

この商品の詳細を見る

(ノ´∀`*) ツインテールなウランかなり萌え~ッス♪

1巻では音楽家とノース2号のエピソード、2巻ではブランドの戦いと死、そして3巻では正体不明のロボット(中身はプルートゥ)とウランの触れ合いで、思いっきり泣かされてしまった江奈(つд`)
4巻も、ロボット犬を修理するお茶の水博士のくだりでボロボロでしたよぉ~・゜・(ノД`)・゜・ 

前巻のアブラー博士に続き、今巻ではゴジ博士、天馬博士と、物語の鍵となるであろう人物がどんどん登場して、キャラを覚えるだけでも一苦労(;^_^A

おまけに、死んでしまったアトムやプルートゥとゲジヒトの関係等、謎や伏線増えまくりでもう頭パンクしそうなんですが、ここまで来ると敢えて原作は読まない方がいいんだろうなぁ(・・・って、読んでないんかいw

江奈はこのまま先入観無しで読み進めて行こうと思っているのですが、原作が気になる方はPLUTO1巻の豪華版の付録が手塚版「地上最大のロボット」だそうですので、御参考までにドゾーヾ(*^ー^*) 

PLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャル PLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャル
浦沢 直樹、手塚 治虫 他 (2004/09/30)
小学館

この商品の詳細を見る

SEO対策:仮面ライダー SEO対策:デジモン SEO対策:ドラゴンボール SEO対策:神羅万象 SEO対策:ローゼンメイデン ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。